雑記とみせかけた書籍紹介

1/2ページ

【ストレングスファインダー×ブログ】上位資質を、意識してブログを書いてみよう!

ストレングスファインダーの資質を意識してブログを書いてみよう!

PV数が伸びなくても、継続できるワケ。

何をもって継続というかはしらないけど、「やめ」なければ継続といえるんじゃ、というスタンスで。私が書くことを継続できるワケ。 このブログを立ち上げたきっかけは、SEO対策を意識したから。 男もすなる日記といふものを で、意識ばかり高い結果、PV数、読まれるブログなどを考えたら書けなくなった。 なぜ、書けないのだろうか。 完璧主義から、少しずつ脱して書けそう。 ブログとは別に、noteを「未完の公開メ […]

「出口」からみた学歴カテゴライズ【「中学歴」の括りが広かった】

学歴ネタって炎上しやすいけど。 書いてみるよ。 1.「出口」における大学カテゴライズ トイアンナ「【学生インターン募集】私と中学歴の就活に革命を起こしませんか?」 https://note.com/toianna/n/n65a5c10a7ad7 これは、MARCHや神戸大学、津田塾大学と、日東駒専を同じカテゴリーに入れるのか!となかなか斬新だった。 「中学歴」というパワーワード、そして広い括りに驚 […]

首都封鎖!?いや、通行手形持ってませんので【翔んで埼玉】

コロナ騒動をきっかけに、リアル埼玉県民が、いまさら「翔んで埼玉!」を読んでみました。 首都封鎖、ロックダウンと騒がれているけれど、 埼玉県民は、どのみち通行手形がなければ東京に入れないんじゃないか。 と、通行手形の元ネタとなる「翔んで埼玉」が気になってな。 概要 架空の日本国では、居住地差別が行われている。 埼玉県民と東京都民では、食べるものも違うし、文化も、生活水準も雲泥の差だ! …という、パロ […]

【雑記からの】えっ、なんで私が生き抜いた!?~生きづらさと生き抜ける理由は紙一重~【本の話】

古本屋で再会した、1冊の本。 子どものころ読んだ本を、大人になって読み直すと、何か違う発見があるだろうか? と、読んだのがこちら。 大平光代「だから、あなたも生き抜いて」 壮絶ないじめから割腹自殺をはかり、極道の妻になり・・・「道を踏み外し」たものの、中卒で弁護士に合格したという、壮絶な著者の半生。 大人になって読み返すと、世間体を気にする著者の親に、すごくモヤモヤした・・・。 とはいえ、親もまた […]

もし文豪がコロナウイルスを描いたら【公開メモ帳】

不謹慎なネタではあるのだけれど。 今回の新型コロナウイルスについて、中国でまことしやかに生物兵器説が流れたかと思うと、 日本は豪華客船で広がり、韓国は新興宗教信者で感染したという。 https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/59456 韓国政府は必死で食い止めていたのに、え、新興宗教で広がるんだ‥。 いやはや、事実は小説より奇なり。 (生物兵器説は根拠ないし事実で […]

【雑記から本】22時退勤が続くと起こること

月の残業時間が、月〇時間を超えた。 という社畜自慢がしたいわけじゃない。 残業続きで脳みそが、過労死。 自尊心も後追いするように死にかけている。 どう考えてもただのメンヘラなのだけど、ただのメンヘラでいることは変なプライドが許さないので、文章にぶつけている。 自律神経失調症の既往歴アリで、人より体力面でもハンデあり…過渡期つら。 1.22時退勤が続くと起きるコト 1)1週目週末 偏頭痛 2)2週目 […]

ピルと『アラサーちゃん無修正7』と

『アラサーちゃん無修正7』=最終巻! ついに最終巻を読んだよ。男の人が女の人に抱く幻想がことこどく、壊されていく感じがたまらない。笑 男の人は、自分が好きになった女は、どこかでずっといい女(かつ自分を好きでいてくれる)って思いがちで、 女の人は、醒めると秒で相手がどうでもよくなるのも、非常によくわかる。 まぁ、あんまり「男or女は~」と決めつけるのは、良くないけれど。この漫画を好む人は、特に、安易 […]

ご先祖様はこえられない

今年2020年はネズミ年ですね。 年末実家に帰ったときに、妹に「なぜ害虫が退治できて、ネズミは退治できないのか」と問われた。知らん。 ネズミは嫌いだ。(今年の縁起物だけど‥) と、蜘蛛退治の話、続編。 以下、またもや過去のアメブロ記事リライトです。 勇敢に退治できない生き物はある。 一人暮らしを始めた妹から、 「昨日蛾が出てねー! 今まで虫がでたらおねえちゃんをよべば(アンパンマンじゃないんだけど […]

【雑記からの】蜘蛛の糸【本と音楽】

昔のアメブロ記事を発見したので、少し手を加えてみる。以下、2016年3月ごろの出来事です。   職場で蜘蛛をはっけん!   「きゃっ、蜘蛛!」という、女の子の叫び声を聞きつけた同僚♂が、様子を見に来てくれた。 駆け付けた彼が見たものは、「仕留めたーっ!!よっしゃ蜘蛛を捕まえたでーー!」と得意気にしている女。 「俺の奥さん、部屋に蜘蛛が出ると『こわい、一人でいたくない』って泣きつくのに、えらいねぇ」 […]