【雑記からの】えっ、なんで私が生き抜いた!?~生きづらさと生き抜ける理由は紙一重~【本の話】

【雑記からの】えっ、なんで私が生き抜いた!?~生きづらさと生き抜ける理由は紙一重~【本の話】

古本屋で再会した、1冊の本。

子どものころ読んだ本を、大人になって読み直すと、何か違う発見があるだろうか?

と、読んだのがこちら。

大平光代「だから、あなたも生き抜いて」

壮絶ないじめから割腹自殺をはかり、極道の妻になり・・・
「道を踏み外し」たものの、中卒で弁護士に合格したという、壮絶な著者の半生。

大人になって読み返すと、世間体を気にする著者の親に、すごくモヤモヤした・・・。

とはいえ、親もまた一人の人間なんだけど。

それでも、ちょっとね。

(しかし最後はそれも含めて、良い読後感でした。)


いじめを心配する母へ、強気発言

で、いじめの話から思い出したネタ。

先日、実家に帰ったときにふと、母から。

「あなたが転校したてのころかなぁ~。
テレビで、いじめによる自殺が報道されていてさ。

『どんなにつらいことがあっても、あなたは死なないでね』って言ったら。

『大丈夫!私をいじめたやつ、全員棺桶に入るのを見届けるまでは、絶対に死んでたまるか!』

って意気揚々と言っていて、感心したわ。」と。

え、あんまり覚えてないやあんまり。

というか、全然覚えていないぞ全然。

まぁ、言いかねないなぁ私なら。


「さらにね…。

『大丈夫、お母さん、そいつらを我が手で殺めたり、犯罪になることはしないから!

そんなやつごときで犯罪者になり、私の人生が台無しになったらたまらないから』」

とかなんとか、豪語していたらしい。

うっわ・・・超、言いそう。

あぁ、ヒューマニズムを度外視した自分本位ゆえの合理主義が、実に私らしい

たぶんこの頃、転校して、なじめなくてつらかったから、自分に言い聞かせていたんだろうなあ。

覚えていたのは前の学校に戻りたい」を言ったら負けだと、義務教育のあいだにそれを貫いていたこと。

(何に負け…自分にだよ!)

なにも、親を心配させたくないという殊勝な心がけでもなく。

嫌なやつに、自分の人生を阻害されるのが嫌。
なんで私が不登校にならなあかんのだ。

ていうか家も嫌だから、消去法で学校に行こう」という気持ちのみで、動いていた・・・。

(※父方の祖父母と同居。控えめに言って、祖父が苦手だったので、家のほうが地獄だった。)

強烈な自我ゆえに生きづらく、強烈な自我ゆえに、生き抜いてしまったという皮肉。

※けして、不登校は心が弱い、とか甘え、なんて言うつもりはない
つらさは本人にしかわからないので。

 

血は争えない…。

なお、そのやりとりから連想したエピソード。

母から聞いた話だが、父は時々

「自分の子どもがいじめられたら、教育委員会に訴えるなんて、生ぬるいことはしない!

弁護士を立てて、相手の親に、直接損害賠償するからな!」と、口にしていたらしい。

血は争えない。

が、自分の親ながら、実に頼もしく感じたのも、事実。

自分の身は自分(の頭脳と、効果的な方法)で守る

私と私の大切な人を害するやつは、みんなノストラダムスを待たずに滅亡すればよい

という価値観は、こういう生育歴なんだよ・・。

本の話。

そんな番犬マインド(?)の私が感動した本が、こちら。


中嶋博行「君を守りたい―いじめゼロを実現した公立中学校の秘密」

いじめは加害者が悪い!

「いじめは喧嘩ではなく犯罪だ」と言い切る弁護士作家の本。

学校は治外法権であり、いじめは犯罪だから、警察を介入させるべき

など、はっきりした主張で、非常に爽快だった。

性善説の人には受け入れられないかもなぁ。


ただ、たしかに大平さんの経験じゃないけれど、いじめの加害者と被害者を「仲直り」させるのは違うと思う。

 

まかり間違って、私が人の親になってしまったら。

もし、子どもがいじめられたら、よりそって泣くより、理詰めで(つまり法律=「正論」を盾に)加害者親子に乗り込みそうな気がする。

恋愛でも出してしまう正論ビーム。

人の親になっても、きっと正論ビームで、容赦なく相手の親子を追い詰めそうだ…。

でも、世間体を気にしたり、表面上「仲直り」をさせる、親にはなりたくない。

正義とは・・・・。

根本は、性悪説なんだろうなぁ・・・。私。