天然温泉久松湯【コスパ最強!温泉を楽しめる!】

天然温泉久松湯【コスパ最強!温泉を楽しめる!】

コスパよく温泉を楽しみたいならこちら!

ワンコインでリフレッシュ。

1.源泉が楽しめる。

タンクローリーで運んできた温泉ではありません。

(有名どころのテルマー湯、おふろcafeうたたね、などはタンクローリーで温泉を運んできているから…)

ちゃんと源泉を引っ張ってきている温泉。

源泉は、露天風呂で楽しめる。

そう、露天風呂が楽しめるのもポイントが高いよね・・!

緑色のお湯がぐつぐつしていると、見るからに体によさそうだなぁと入る前から楽しみだ。

で、この緑色のぐつぐつした源泉の泉質は、ナトリウム一塩化物強塩温泉 高張性中性温泉 だって。

…と言われても何のこっちゃと。

Google先生に聞いてみたよ。

Wikipedia情報によれば、塩化物泉とは

・湯冷めしにくい。食塩系の塩化物泉は汗の蒸発をふせぐ効果があるため。

殺菌効果があるため、外傷治癒にも利用される。

だそうな。

ほかに塩化物泉系の温泉といえば、前野原温泉さやの湯処(以下、さやの湯)も塩化物泉系。

さやの湯…!泉質・設備と大好きなあのさやの湯と近い泉質の温泉…!

この源泉は個人的にはかなりお気に入り。

さやの湯と近い泉質かぁと思うと納得…。

2.ワンコインで楽しめる

と、この温泉が、銭湯料金(東京都:470円)で、楽しめる。

貸しタオル20円をつけてもおつりがくる。これはコスパがいい。

都内で温泉・サウナを楽しめる施設はいくつもあるけれど、2,000円程度かかるところもザラ。

強気なところは3,000円くらいとるし・・・。

これだけお手頃価格だけれど、下手に古い施設より、清潔感があっていい。

さくっと温泉を楽しみたいときには、コスパ最強と思う!

なお、サウナは追加料金400円

追加でつけても悪くないけれど、個人的にはここは温泉だけでも十分楽しめると思う。

あの、銭湯ってドライヤーも小銭が必要なことを考慮すると、サウナなし温泉のみがコスパ最強の楽しみ方かなと。

3.駅近!

コスパコスパ連呼していましたが。

最寄り駅からバスを乗り継ぎ、さらに延々歩くのであれば、時間的な面での費用対効果はよろしくない。

しかしこちらは、最寄りの西武池袋線桜台駅から、徒歩5分。

西武池袋線に乗り換えるのか・・桜台ってどこだろうと思ったが、池袋から西武線で10分足らずで行ける!

意外と近かった。

ただし各駅停車しか止まらないので、注意。

 

なお、お隣の練馬駅からも徒歩10分強でたどりつける。

うっかり乗り過ごしたり、電車を間違えたら、練馬駅から歩いていくのも、アリだと思う。

(ということは、ちょっと歩いてもよければ、大江戸線を使って練馬駅からもアクセスできるんだな…!)

4.おまけ:お風呂上がりに寄りたいお店

(1)さっぱりしたフルーツ

桜台駅近く「喫茶はなぶさ」果物屋さんがやっている喫茶店。

フルーツパフェが有名とのことで、寄ってみた。

「フルーツサンデー」という名の果物の盛り合わせをいただきました。

正直べったり甘いものは苦手で。

一人暮らしで果物を食べる機会がないこともあり、

フルーツの盛り合わせのみというのは、とても贅沢な気分だった。

甘党はぜひ「ジャンボパフェ」に挑戦してみてほしい…!

(2)やっぱりビール!

fumikura 大人の図鑑カフェ図鑑が豊富なブックカフェ。

なにげにビールの種類も豊富で、昼から利きビールも楽しめる。


5.いかがでしたか!?

「いかがでしたか!?」で、終わるような雑なまとめ記事より、もっと温泉・スパ施設について詳しく書きたくて。

良いものを言語化して伝えるって難しいけれど、温泉・スパ巡りについても記事を書いていきたいな。

あぁ、また温泉に行きたいけど、季節外れの雪のせいで外出できない・・