【外出自粛】あえて、オフラインで愛と妄想を育てよう【今だからできること】

【外出自粛】あえて、オフラインで愛と妄想を育てよう【今だからできること】

緊急事態宣言が、一か月延長されたとのこと。

この時期、世のカップルは、いかがお過ごしでしょうか。

ZOOMを使った「オンラインデート」?

それとも電話の頻度を増やす?

はたまた、デートは自粛しない?

もし私だったら、みんなと同じことばかりしたくないなぁ…。

と、あえて時代に逆行するような「会えないコミュニケーション」を、妄想してみた。

1.各時代のコミュニケーション

①令和

ZOOM会議

②平成後半

LINE、携帯メール、LINE通話

LINE通話の何がすごいって、通話料金を気にしなくていいことだ。

ガラケー時代は、通話料金を気にして、電話では用件しか話さなかったのに。

音声をデータ通信でやりとりできるアプリのおかげで、分単位の料金体系から解き放たれたこと。

のぶん、通話で自分の時間が奪われやすくなったのは、秘密。

③平成初期~前半

ポケベル、PHS、パソコンから送る長文メール

パソコン通信からの、インターネットが家庭に普及しだしたころ(まだ全員が携帯を持っていないころ)の、パソコンから送る長文メールが、懐かしい。

ガラケーのメールと違って、自分のペースで、メールを返す。

数日置きにやりとりするスパンが、結構心地よかった。

④昭和後半

固定電話

携帯がない時代の恋愛。

お父さんが出ませんようにと祈りながら、彼女の家に電話をかけた話は、誰のエッセイだったか。

ひぇぇエモい。

「わざわざ親に恋愛の話はしなかったけど、それでも家に電話がかかってくるから、なんとなく付き合っている人がいるって、親にはわかるよねぇ」とは母の話。

ひえぇぇぇぇこわい!!!!

うわうわ、彼氏がいることが、親に筒抜けって、なんか嫌。

昭和、怖い。

とはいえ、顔に全部出る私には、携帯だろうが家の電話だろうが、関係がなかった。

好きな人ができて、バレなかったことがない歴=年齢。

「彼女に電話しようとしたらお父さんが出る!」って、この漫画を思い出すな…。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

お父さんは心配性全4巻セット
価格:2640円(税込、送料無料) (2020/5/3時点)

⑤昭和前半~後半

手紙

恋文!

特別な人には、特別な記念切手を使ったり、とっておきの便箋を使ったりして…エモい。

ちょっと、手紙は時代に逆行するツールとして、検討の余地ありだな。

電報

どっちかというと、「サクラサク」と、田舎のおっかさんに大学合格を知らせるイメージが強いわ。

一回、「サクラサク」やってみたかったな。

⑥室町

のろし※ただし忍者に限る

のろしの上げ方は知らない…却下。

⑦平安

和歌

いい。ロマンチックなうえに、教養がにじみ出る、素敵な時代だ。

うーん、時代に逆行して、オフラインで…かつエモいのは「手紙」「和歌」だな。

じゃあ、それぞれの方法を検討してみる。

2.恋文、書いてみる?

悪筆の私には、そんな選択肢はなかった。

字が綺麗だったら、彼女への好き度アップだろうなぁ。

相手が実家住まいだとしたら、彼ママに見つかっても

「あら、もえこさんって、とても綺麗な字を書くのねぇ。
お育ちがよさそうなお嬢さんねぇ」

と、楽々検閲クリア。

綺麗な字は、賢さや、育ちの良さを割増にしてくれるのだ。

たとえ漢字を正しく書けなかったり、文法や言葉の使い方がおかしかったりしてもな!

私?

あんたの字、脅迫状みたいね」と実の母に言われた人間。

悪筆と言われなかったことがない歴=年齢…。

もし、恋文を出そうものなら
「あんたのところに脅迫状が届いているわよ。警察に届けようか?」と言われるだろう。

さらに私は、筆圧が、強い。

さながら、楔形文字のごとし。

「このお嬢さん、パピルスに慣れていないのね。時代を超えた恋愛は難しいわよ」と言われかねない。

(普通、言わないか)

いや、悪筆は結構ネタにして面白がっているのよ。

むしろ、頭の回転が速いから、手が追い付かないの!と豪語している。

ただ、私には、恋文は不適切な手段だ。

じゃあ。和歌?

3.そうだ、和歌を詠もう。

和歌を贈りあうって、ロマンチックなうえに、教養がありそうじゃないですか…!

サピオセクシャルを好む私向きじゃないですか…!

古文は苦手だったけど、百人一首なら、知っているぞ。

どれにしようかな。

①56番

「あらざらむ このよのほかの おもひでに いまひとたびの あふこともがな」
(和泉式部)

うーん。今世のうちに会っておきたいって、終末感が漂うな。

冥途の土産に、あなたの思い出を持っていきたいって歌だもんなぁ。

情熱的で、好きな歌だけれど、これはもう少し、世界が終わりそうなときに、とっておこう。

しかし、まるで新井素子「ひとめあなたに」という小説のような世界観だ。

②15番

君がため 春の野に出てマスク摘む わが衣手に 雪はふりつつ」

あれ、途中でバグった。

いとしいあなたに、マスクを届けたくて…という思いが爆発した歌なんだろうな、きっと。(今即興で思いついただけだけど)

どこに、マスクが生えている野原があるやら…。

元ネタはこちら。

「きみがため はるののにいでて わかなつむ わがころもでに ゆきはふりつつ」

(光孝天皇)

③40番

えぇい仕方ない。

「OK,Google、みんなの百人一首につないで」

「しのぶれど いろにでにけり わがこひは ものやおもふと ひとのとふまで」

(平 兼盛)

すごいね、ランダムで出た一発目の歌が、これか。

隠しているつもりでも「恋でもしているのか」と人に聞かれる歌。

顔に出る私に、ぴったりで。

うん、昔から、この歌は好きだったよ。

オンラインデートもいいけれど。

エモいうえに、教養も伝わる、和歌で口説きあおうぜ!

と、久しぶりに百人一首をやりたくなった…。


おひとりさまの楽しみ方はこちら。