品川猿

村上春樹『東京奇譚集』備忘録(『一人称単数』を読んだ勢いで)

『一人称単数』の余韻を引きずったまま、実に10年ぶりに読み直した。 というのも、 『一人称単数』は、『品川猿の告白』が良かった! と書いていたくせに、『東京奇譚集』に『品川猿』が収録されていたことも、記憶から抜け落ちていた… あぁ悔しい。 悔しい勢いで、読み直し、勢いで備忘録をしたためた。 短編ごとの、備忘録(ネタバレ含む) 『偶然の旅人』 わ~~ここにも出てきた!チャーリー・パーカーの奇跡。 あ […]

村上春樹『一人称単数』短編ごとの備忘録。【※2020/7/22追記あり】

kindleに、突然村上春樹の最新作が配信されていた! 天の恵みか!ジーザス! なんのことはない、予約購入したことも、村上春樹の新作が発売されたことも忘れていただけだが、どのみち買ってすぐ読むからいいんだ‥ と、さっそく読んで、思うことを書いたぜ! これから書くものは、村上春樹ワールドを「解釈」するほどの文章ではなく、「感想」というほど濃い文章でもなく、備忘録である。 『女のいない男たち』から6年 […]