小説ヤマト運輸

高杉良『小説 ヤマト運輸』

先日水没事故によりスマホを破損し、至急買い求めたスマホ。 アマゾンによると本日配達予定なのだが、今も配達ナシ、当然不在票ナシ。 カスタマーサービスに問い合わせるも、「配達業者じゃないからわかりかねます」と いやいや、アマゾン配達って記載だけで、 どこの業者なのか分からないから聞いているのに 時間がわからないから風呂にも入れぬ。 と、改めて、おとどけ予定時間を知らせてくれる、 ヤマト運輸のサービスは […]